BOATRACE からつ 23#

08/19開催中

開場08:15

場外発売(スタンド棟)
開場08:15
  • 尼崎GⅢ
文字サイズ

優勝戦結果

GⅠ

GⅠ全日本王者決定戦 開設61周年記念

2015/01/13
2015/01/18
3783瓜生正義(福岡)

12R  優勝戦

全国のトップを切って開催された今年初のGⅠレース「GⅠ全日本王者決定戦 開設61周年記念」の優勝戦が18日の唐津で行われ、瓜生正義(福岡支部38歳)がイン逃げで優勝。瓜生は前検日のモーター抽選で51%の最高2連対率機を引き注目されていたが、7戦6勝という素晴らしい内容でのGⅠ優勝。ただ、モーターの感触的には最後まで「普通ぐらいの人と一緒」ということで、瓜生ならではのテクニックを駆使しての勝利だった。
優勝戦には平本真之、新田雄史、篠崎元志と96期のSGスター軍団も出場し、「今年は96期旋風を巻き起こしたい」と気合を入れていた。
優勝戦の進入は123/456の枠なり3対3。気温9度、風は珍しく向かい風4mの中でスタート。イン瓜生はトップスタートタイの好発進、2コース西村拓也がへこんだ。4カドから池田浩二が伸びを増す調整で全速ターンに出たが、イン瓜生がブイ際をクイックターンで回り、あっとい間の独走態勢へ。2番手も西村と平本の上を握った池田で決まり。アウト差しの篠崎が2マークは3番手だったが、そこへ平本が切り返し気味にクルッと回り、後方からは新田も差してきて3番手は96期3人で大接戦に。3周1マークで新田が外フルターンを決めて前に出た。
勝った瓜生は昨年2月芦屋の九州地区選手権以来、13回目のGⅠ優勝。通算優勝はSG7回を含めて67回となった。「無事に終えてホッとしました。一日一日、一走ずつ進んでいけたら」と今年の抱負を語っていた。